ケアプロストdeまつ毛バッサバサ

ケアプロストは医療用。まつ毛美容液とは根本的に違います。

ケアプロストとまつげ美容液の違い

ルミガンのジェネリック医薬品であるケアプロストは、基本的に医師の処方がないと入手できない薬剤であり、市販で買えるような、ほかのまつげ美容液とは性質が異なってきます。

もともと、先発薬であるルミガン自体、最初は緑内障の治療薬として開発・使用されてきた医薬品医薬品でした。しかしそのうちに、まつ毛の育毛剤としても効果を発揮する事実が注目されてからは、そちらを目的に使用されることも増えていったのです。

つまり、医療の現場でまつ毛の育毛としての有用性が認められているわけですから、市販のまつ毛美容液以上に、信頼度があります。

そもそも、「美容液」と「育毛剤」の時点で、大いにその役割は違っています。使用目的が「治療」である医療用医薬品のルミガンは、「化粧品」や、「医薬部外品」扱いの、普通の市販のまつ毛美容液とは違うもの、と言えましょう。

ケアプロストは医療用

緑内障の患者に対する治療薬として効果をあげていた「ルミガン」が、その副作用を逆手にとった形での「まつ毛育毛剤」としても応用されるようになってからは、そこから誕生したジェネリック医薬品である「ケアプロスト」も、いわゆる「まつ育」をしたい人たちから人気が出ています。

なんといっても、ケアプロストはルミガンと効果が同じなのに安く購入できる、といった利点が大きいようです。 しかし、そんなありがたい商品であるにもかかわらず、残念ながらケアプロストは、日本の通販サイトとしては取り扱いがなされていません。有名な「楽天市場」などでも、もちろん見当たりません。

その理由としては、ケアプロストは「医療用医薬品」に該当してくるものだからです。昨今でよくあるような、ドラッグストアなどでも手軽に購入できるような医薬品とも違い、ケアプロストは、医師から処方箋をもらうことが必要な薬剤にあたるのです。

まつ毛美容液とは

日頃、オシャレにこだわったり、美容やメイクを気にかけたりしている人たちの中には、まつ毛を美しく見せるために努力している人も多いでしょう。

しかし、日々のメイクでまつ毛を傷めすぎると、そのケアも必要になってきます。

たとえば、顔に化粧水なり乳液なりパックをしたりするのと同じように、まつ毛に関しても、まつ毛専用の美容液なるものがあります。このようなまつげ美容液は、薬局やドラッグストアや、またはネット通販などで手軽に購入が可能です。ちなみに、まつげ美容液は、使用する人の年代は10代から60代までと、実に幅広い世代に人気があるようです。

まつ毛は日々のメイクなどでダメージを受け続けると、ハリやコシがだんだんと失われていってしまうのですが、その状態をケアし、まつ毛へのダメージを減らすための「化粧品」が、まつ毛美容液と言えるかと思います。

根本的な違い

ケアプロストと、まつ毛美容液とで根本滴な違いと言えば、やはり「医療用医薬品であるか否か」と、いう点に尽きるかと思います。

まつげ美容液は、薬局やドラッグストアや、またはネット通販などで手軽に購入が可能です。

日々のメイクなどで、ダメージを受けたまつ毛をケアするための「化粧品」がまつ毛美容液と言えます。あくまでケアをするだけなので、まつ毛を生えさせたり、長くしたり、濃くしたり、といった効果が期待できるものではありません。

一方、ケアプロストはれっきとした「医療用医薬品」に位置付けられている薬剤であり、その効能は、有効成分である「ビマトプロスト」がもたらしているものだと、医学的に認められているものなのです。

icon