ケアプロストdeまつ毛バッサバサ

ケアプロストの副作用のまとめをご紹介

ケアプロストの副作用

まつ毛の育毛剤として、医学的に効果があることがわかっており、また、ジェネリック医薬品のため安価で購入できる、といったメリットからも人気のケアプロストですが、医薬品として、まったくデメリットがない、というわけでもありません。

やはり、どんな薬にも、「副作用」というものは付きものなのです。

以下に、ケアプロストに関する副作用を、簡単にまとめてみます。

まず、「まぶた・皮膚などに色素沈着のリスクがある」ということ。そして、「虹彩色素沈着」のおそれ、「まぶたのくぼみ」が出る可能性、「目のかゆみや充血」のリスク、「まつ毛以外の多毛」が起きる可能性、などです。

色素沈着

ケアプロストに関する副作用の中でも、「まぶた・皮膚などに色素沈着のリスクがある」という点について、ご説明します。

まず、「色素沈着とはなにか?」と、いうことなのですが、これは、「少し皮膚が茶色っぽくなる・もしくは黒ずんでしまう」といった、状態になることです。ケアプロストの有効成分である「ビマトプロスト」が、メラニンを増加させる作用があるためなのですが、必ず起きる副作用とは限りません。

清潔なアプリケーターを使い、上のまつ毛の根元部分に1滴だけ塗る、下まつ毛には絶対に塗らないようにする、といった心がけが重要です。

充血

ケアプロストに関する副作用の中でも、「充血」に関して、ご説明したいと思います。これは個人差があるので、必ず起きる副作用とは言えませんが、注意するにこしたことはありません。

ちなみに充血の原因としては、ケアプロストには「血管拡張作用」があるからです。つまり、血流が良くなるので、目の表面の血管が、ハッキリと見えるようになるということ。この状態が、いわゆる「目の充血」なのです。

予防策としては、目にケアプロストが入らないように気を付けて、「片目に対し、1滴だけ塗る」、「塗る際に液が垂れてきてしまったら、すぐに拭きとるか、もしくは洗い流す」ことを、守るようにすれば良いでしょう。

まぶたがくぼむ

ケアプロストに関する副作用の中でも、「まぶたがくぼんでしまう」症状に関して、ご説明したいと思います。

ケアプロストにもさまざまな副作用がありますが、このように「まぶたがくぼむ」といった例は、ほかの副作用にくらべたら発生する可能性は、それほど高くないように思われます。

しかし、ケアプロストを長く使用していると、まぶたの脂肪生成が抑制され、まぶたが痩せて、くぼんで見えることが、まれにあるようです。

または、「ケアプロストは、まぶたが柔らかくなる効果もあるため、柔らかくなりすぎた場合に、目がくぼむこともある」と、されています。

黒めの部分が濃くなる

ケアプロストの副作用のなかでも、「黒目の部分が濃くなる」症状について、ご説明したいと思います。

ケアプロストを使用していると、目の黒い部分が濃くなっていく、という状態が見られることがあります。原因としては、ケアプロストの有効成分である「ビマトプロスト」が作用して、メラニン色素が濃くなるのに影響されているから、というふうに考えられているようです。

しかしこれは、緑内障の治療としてケアプロストを使用するために、目に薬を点眼したときに起こりやすい副作用、とも言われていますので、あまり心配はないかもしれません。ですが、まつ毛の根元に塗る際に、間違って目に入ってしまう可能性もあるので、そうならないよう注意が必要と言えます。

icon